コーヒーこそ、ダイエットサプリとして認められるべき

コーヒーには賛否両論あります。

もちろんカフェイン飲料なので、妊娠中であったり子供は摂取を避けるべきでしょう。

しかしそのカフェインが新陳代謝を活性化させてくれる?
空腹時に飲まなければ?健康への効果が認められています。

同時にダイエットサプリとしても?効果が認められるべきでしょう。

ヘルシアコーヒー

特定保健用食品として認められているコーヒーは、花王のヘルシアコーヒーです。
これには脂肪燃焼を促すとされるクロロゲン酸が一定量含まれています。

もちろんヘルシアは「美容や痩身を目的としていない」謳われています。
つまり痩せると言っているわけではなく、あくまでも健康を目的としています。

とはいえ体脂肪の燃焼が活発になるなら?続けることによって減量が達成されてもおかしくはありません。
短期間での激やせを期待してはいけないのでしょうが、ダイエットサプリ 激痩せとして認識しても良さそうです。

クロロゲン酸を摂取するには

コーヒーを飲むと痩せる?

指摘される理由は、カフェインとクロロゲン酸です。
とはいえクロロゲン酸はコーヒー以外でも、イモやリンゴにも含まれています。

しかし食生活にいちいち取り入れるのは面倒です。
そこで日頃からコーヒーを飲んでいるなら?意識して1杯余計に飲んでみましょう。

効率的なクロロゲン酸の摂取方法になります。
ちなみにカフェインは利尿作用もあります。

短期間に大量を飲むと脱水症状になる危険が否めません。
食後やおやつに飲む!そんな習慣を作ってみましょう。

運動はいらない?

健康やダイエットのためには適度な運動!よく指摘されることです。
もちろん大切ですが、クロロゲン酸は、運動しなくても効果を発揮してくれます。

それがダイエットサプリとしても画期的なことです。

とはいえ運動や入浴の前にコーヒーを飲むと短期間でも痩せる?
基礎代謝の効率が上がるようです。是非一度はお試しください。